【基礎知識】利益計算と消費税還付

基礎知識

はじめましての人も、そうじゃない人も、
こんにちは、そしてお疲れ様です!
河北です 。

今回は、利益計算について、お話しします!
物販ビジネスをやっている人なら、今更・・・って言われそうですが、
どの部分が消費税の還付対象になるかも、一緒にお伝えします!

還付金、多い方が、嬉しいですよね!w

今回は、ホントにざっくりと、売上や利益、費用などの考え方を
お伝えします!

正直、もっと細かく書いてあるサイトなどは、いっぱいあると思います。
僕も会計士や税理士ではないんで、ふわっとしている感じだとは思いますが、
そこは勘弁してください・・・orz

では、ざっくりいきますよ!w

そもそも利益とは・・・

利益とは、手元に残るお金ですw
・・・ホント、ざっくりw

まあ、単純に、売上高から、仕入金額、経費を差し引いた金額ですよね。

利益 = 売上高 - 仕入金額 - 経費

という計算式が成り立ちますね。

じゃあ、利益を多く残すには、どこをどうすればいいか?

・売上高を上げる。
・仕入金額を抑える
・経費を抑える。


ここを考えていけばいいんですよね!

ただ、売上を上げるだけでなく、経費や仕入金額をいかに抑えるか、
ここが非常に重要なポイントになります。

売上高の考え方

売上高は、以下の計算式で成り立っています。

売上高 = 販売単価 × 販売数

つまり、売上高を上げるには、2つほど方法がありますよね?

・販売単価を上げる。
・販売数を上げる。

例えば、
・1000円の商品を10個販売する。
・10000円の商品を1個販売する。

これ、まったく一緒の事なんですよね。

なので、どちらか一方を上げるだけでも売上高は上がります。
効率的なのは、

販売単価の高い商品を大量に販売する!

ですよね?

ただし、販売単価の高い商品って売れづらいんですw
そこをどう考えるかが、戦い方、戦略になります。

その部分は、後日お伝えしようと思っています!

仕入金額に関して

仕入金額に関しては、どうやってもかかる部分です。
商品を仕入れない限り、商品を発送できません。

ここをどう削るか?

やり方は色々とあります。
例えば・・・

・想定の仕入先よりも安い場所で商品を購入する。
・ポイントを使用して、値引きしてから商品を購入する。
・仕入れ先と交渉して、値段を安く売ってもらう。

・・・あと一個あるんですが、これは書かない方がいいですねw
若干グレー気味なんですw

なので、仕入金額をいかに抑えるか、ここは考えていきましょう!

経費に関して

経費に関しては、色々とあります。
ここは、自分がその商品を販売するのに、どのくらいの費用を使ったか、
という部分になります。
なので、一番削りやすい部分ではあります。

ネット販売を行う上で、考えられる費用は・・・。

・サイト登録料
・サイト手数料
・海外送料
・梱包材代
・国内送料
・発送代行手数料(使っているなら)
・人件費

・・・くらいですかね?
細かく言えば、家賃や光熱費なども、これにあたりますが、
そこは考えだしたら、今回のお話が終わらないんで、割愛しますw

もしかしたら、まだあるかもw
何かあったら、指摘してくださいw

これを全部含めて、経費と呼んでます。

利益を残すためには、経費の部分をどう抑えるかということも考えなければいけません。

固定費と変動費

経費に関しては、2つほどあります。
題名にもある通り、

・固定費
・変動費

ですね。

ネット販売の場合、固定費は

・サイト登録料

ってトコでしょうか。
ここは、変更のしようがありません。

それ以外の部分は、変動費として考えていいと思います。

ただ、変動費と言っても、販売の際に取られるサイト手数料は、
常に固定の利率だと思います。
・・・たまにサイト側から、手数料上げるよ!って通達されるときもありますがw

・・・なので、自分たちで何とかできるのは、

・海外送料
・梱包材代
・国内送料
・発送代行手数料
・人件費

という部分ではないでしょうか?

経費を抑えるには

じゃあ、経費を抑えるには、どうすればいいか?
各々、見ていきましょう!

・海外送料
 これ、実は、抑えることができます。
 単純に、EMSを国際eパケットや国際eパケットライトにするというやり方もありますが、
 EMSや国際eパケットなどを月間で、いくつ以上発送すると
 割引になるサービスがあります!
 これに関しては、また後日、お伝えしますね!

・梱包材代
 これは、考えれば、すぐ出ると思います。
 わざわざダンボールを買ったりするのではなく、
 送られてきたダンボールを再利用したり、封筒で対応したり・・・。
 ただし、再利用のダンボールや封筒は、思いのほか華奢です。
 これは注意しなければいけない点ですね。
 梱包に関しても、面白いやり方があるので、こちらも後日お伝えします!

・国内送料
 これは、相手から送られてくる商品の送料なんですが、
 商品を発送してもらう際に、できるだけ安い発送方法で送ってもらう。
 というのが、一番効率的ですね。
 ただし、安くても、到着が遅すぎると問題がありますので、
 そこのバランスも考えたほうがいいでしょう!

・発送代行手数料
 発送代行を使っている人がいるのなら、ここもたまに見直した方がいいです。
 基本的に、発送代行手数料は、月間登録料と梱包手数料がかかってきます。
 その他にも、オプションで、金額をいくらか取られる仕組みにもなっています。
 僕自身、発送代行はオススメしていますが、どの会社を使うかは、
 1年に一回くらいは、見直した方がいいと思います!
 あと、発送代行の質も見たほうがいいですね。
 商品が到着しても、すぐに送ってくれないとか、梱包がいい加減とか、
 そういう質の部分も確認しましょう!

・人件費
 これは・・・ご自身の人件費と、雇っている方の人件費ですね~。
 ここは、また難しいとは思います。
 正式に雇っている場合は、毎月固定で費用がかかってしまいますので、
 ここの削減の仕方も、機会があれば、お伝えします!

消費税の還付対象は?

では、消費税の還付対象になるものは、どれか?
ということですが・・・。

実は、

送料以外、全部です!

送料は、非課税となるので、そもそも消費税の還付対象になりません。
ただし!
国内送料は、やり方によっては、還付金の対象にすることもできます。

また、会社単位で動いている場合や個人事情主として、消費税を納める申請を
行っていた場合、色んなものを還付対象にすることができます!

・・・これ、完全にグレーなんですが、うまくやればできますw

例えば、飲み会代。
輸出ビジネスを行うために必要なミーティング代として申請すれば、還付対象になります。

例えば、交通費。
輸出する商品を仕入れに行くときに使ったということにすれば、還付対象になります。

例えば、駐車場代。
輸出ビジネスを行うために必要なミーティングを行う会場に行くときに使ったとすれば・・・。

つまり、輸出ビジネスにかかった費用なら、何でも還付対象になるんです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

基本的なところもあり、知ってるよ!って人もいたかもしれませんが、
輸出ビジネスをやることで、実は税金に対して、有利になるんだよ!
ということが分かったかと思います!

次回以降も、みなさんに有益な情報をお伝えしていこうと思います!

次回も必見です!

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました